ライブラリ 新しい安定版Charting LibraryとTrading Terminal V 1.12がリリースされました!

朗報です!Charting LibraryとTrading Terminalの新しい安定版がリリースされたことをお知らせします。弊社では皆様からのフィードバックやリクエストに基づいて、多くの変更をおこない、かなりの改善を加えました。ご提案をお寄せいただきありがとうございます。我々が制作したものがお気に召せば幸いです。以下の修正点と改善点をご覧ください。

 

 

Charting Libraryの新機能

 

ユーザーインターフェース

 

価格変動の分析がこれまでよりずっと簡単になりました!

 

  • 特定の日付への移動。(Github issue #1753)

これにより、チャート上の検索がより簡単に行えるようになります。

 

  • セッションブレイク。(Github issue #1752)

チャートをセッションごとに分けて、わかりやすくしましょう。

 

  • 新型適応描画パネル。(Github issue #1145)

モバイルデバイス上で描画ツールを使用するのがとても簡単になりました。

 

API

 

  • 作成されたスタディのオーバーライドメソッドを追加しました。(Github issue #2098)

 

  • 保存/読込APIが追加されました。(Github issue #1679)

 

  • 図形やスタディと相互に作用するためのAPIを追加しました。(Github issue #1101)

 

  • TypeScriptの定義が追加されました。(Github issue #1591)

 

 

インジケータ

 

  • 多くの要望があったインジケータが追加されました。

 

  • スーパートレンドインジケータ。 (Github issue #1950)

 

  • VWAPインジケータ。(Github issue #106)

 

 

その他の改善点

 

  • デフォルトで左側にツールバーを表示/非表示するフィーチャーセットを追加しました。 (Github issue #2209)

 

  • スタディの適用順序を変更するメソッドを追加しました。(Github issue #2187)

 

  • 読み込み画面をカスタマイズする機能が追加されました。(Github issue #2012)

 

  • 前日の終値を日中足チャートに表示する機能が追加されました。(Github issue #1843)

 

  • ロング/ショートポジション描画ツールの利益/損失レベルを設定する機能が追加されました。(Github issue #1691)

 

  • 大文字と小文字を区別する記号を使用できるようになりました。(Github issue #1581)

 

  • APIメソッドを使用してロング/ショートポジション描画ツールのストップロスと利益確定レベルを設定する機能を追加しました。(Github issue #1459)

 

  • APIを使用して、インジケータを表示/非表示する機能を追加しました。(Github issue #1025)

 

 

修正点

 

  • チャートパラメーター、追加のシンボル、比較スタイルの使用を修正しました。(Github issue #1812)

 

  • 誤った取引間隔の表示に関する問題を修正しました。(Github issue #1787)

 

  • 基本的な時間スケールインデックスの更新に関する問題を修正しました。(Github issue #2442)

 

  • データフィードを処理する際のメモリリークの問題が修正されました。(Github issue #2270)

 

  • 注文ラインの価格レベルの更新に関する問題を修正しました。(Github issue #2237)

 

  • 一定期間内に引用データが受信されない場合の書式設定に関する問題を修正しました。(Github issue #2228)

 

  • 不適切なバーの配置が修正されました。(Github issue #2179)

 

  • セッションブレイクを含む保存されたチャートを読み込む際の問題を修正しました。(Github issue #2153)

 

  • チャートの凡例の交換が間違って表示される問題を修正しました。(Github issue #2046)

 

  • ストキャスティクスRSIの計算エラーが修正されました。(Github issue #2038)

 

  • 欠けていた翻訳をロシア語版に追加しました。(Github issue #1946)

 

  • 未使用のチャート設定が、スケールプロパティの設定から削除されました。(Github issue #1918)

 

  • Awesome Oscillator(オーサムオシレータ)の設定のオーバーライドに関する問題を修正しました。(Github issue #1213)

 

 

Trading Terminalの新機能

 

ユーザーインターフェース

 

  • 個々のポジションとネットポジションのフィルタ(Github issue #1906)

 

個々のポジションとネットポジションを持つことが可能なブローカーは、トレーディングパネルに両方のタイプのポジションを表示できるようになりました。以前のバージョンのTrading Terminalでは、ネットポジションのみの表示でした。この新しい改良により、あなたのポジションを監視し、取引口座を把握するのがより簡単になりました。

 

  • 通知ログ(Github issue #1896)

 

ブローカーから受け取ったすべての通知を表示する新しいタブが追加されました。通知履歴は、ページが更新されるまで保存されます。すべてのブローカー通知は、一箇所で簡単に表示できるようになりました。

 

その他の改善点

 

  • アカウントマネージャテーブルの列分類パラメータが追加されました。(Github issue #2344)

 

  • 価格単位が1未満の注文の数量に関する問題を修正しました。(Github issue # 2141)

 

  • 小数点区切り記号を含む数字は、DOMで置き換えられるようになりました。(Github issue #2255)

 

2018年2月23日

February 23, 2018
spread the love